ahamo(アハモ)povo(ポヴォ)SoftBank on LINE(ソフトバンクオンライン)比較

2021年1月13日にKDDIから「au新料金プラン発表会」がオンラインで行われオンライン専用「povo(ポヴォ)」が発表されたことによってキャリア4社のプランが出そろいました。

最後に出して来ただけあってKDDIのpovo(ポヴォ)プランは価格面で2,480円と有利です。

タイトルが長すぎるので楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT V」プランはタイトルには入れていませんがこの4社で比較したいと思います。

 

キャリア20GBプラン

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT V」プランはデータ容量無制限ですが価格面から同じ扱いとします。

 

比較

4社なので横にちょっと長いです。

※すべて税抜価格

※横にスクロール出来ます。

povoahamoSoftBank on LINERakuten UN-LIMIT V
キャリアauドコモソフトバンク楽天モバイル
額料金2,480円2,980円2,980円2,980円
データ容量/月20GB20GB20GB楽天エリアは無制限
パートナーエリアは5GB/月
月のデータ容量超過後の回線速度1Mbps1Mbps1Mbps1Mbps
かけ放題
(有料通話0570などは除く)
オプション5分かけ放題5分かけ放題LINKアプリで国内通話かけ放題
ネットワーク4G、5G対応
※5Gは今夏予定
4G、5G対応4G、5G対応4G、5G対応
回線品質au品質ドコモ品質ソフトバンク品質楽天モバイル品質
パートナーエリアはMVNO品質
データ追加料金1GB/500円1GB/500円1GB/500円楽てエリアなら無制限なので必要無いかと。
一応1GB/500円であります。
パートナーエリアな方なら必要かもです
かけ放題オプション5分かけ放題:500円/月
24時間かけ放題:1,500円/月
1,000円/月1,000円/月無料
キャリアメール無し無し無し無し
海外利用 検討中海外82の国々・地域不明海外指定66の国と地域
eSIM対応予定 検討中対応対応
ノーカウントオプションで順次対応 無しLINEアプリ
(すべてがノーカウントとは言えません)
楽天エリアは無制限
契約オンラインオンラインオンライン店舗
オンライン
サポートWEB
※おそらくですがアプリを表示していたのでアプリ対応もあると思います。
専用アプリ
WEB
LINEアプリ
WEB
my 楽天モバイルアプリ
店頭
WEB
電話
電話対応 不明緊急性の高い盗難、紛失のみ対応不明対応
2年縛りの有無無し無し不明無し
解約金の有無無し無し不明無し
特徴トッピング(オプション)
トッピングで基本データ量20GBと別に24時間無制限が200円で可能
今後追加予定なのでノーカウントも出るでしょう
最初に20GBプランで2,980円は
インパクトが大きい
LINEアプリがノーカウント
トークと通話の予定
楽天エリアならデータ無制限
(10GB/日制限はあり)
LINKアプリで国内通話かけ放題
月額2,980円を最初に設定した
300万人までは1年間無料

※横にスクロール出来ます。

Rakuten UN-LIMIT Vプランが300万人まで1年間無料キャンペーン中で事務手数料も無料なので1年間完全無料で通話やSMSも無料(LINKアプリ使用時)、データ通信も無制限(10GB/日制限はあり)で有料になってもかなりお得ですが楽天エリアならとなります。

Rakuten UN-LIMIT Vプランの欠点は1年間完全無料でも生活圏が楽天エリアでないと魅力が十分に引き出せません。

ahamoは20GBプランで最初に2,980円で出したのでインパクトは強いです。 (2,980円の価格設定は楽天モバイルのおかげかもです)

SoftBank on LINEはahamoとほとんど横並びでLINEノーカウントが特徴ですがLINEのトークと通話の予定なのでビデオ通話などが出来ないと魅力半減です。

povoは最後に出して来ただけあって5分かけ放題をオプションとし月額料金を2,480円としたのが大きいです。

既存プランにAmazonプライムをバンドルしたプラン「データMAX 5G with Amazonプライム」で「#さよならau」と炎上したのを教訓に分かりやすさとトッピングによる柔軟さがあり他のプランよりも1歩進んだ内容になっています。

トッピング第1弾で基本データ量20GBと別に24時間無制限が200円で出来るなど使い勝手の良い特徴があります。何度も使えるのも良い点です。

更にトッピングを増やしていく予定で音楽ストリーミングのノーカウントやSNSノーカウントなど期待が出来ます。

 

書いている途中でニュースが入って来ました。

ドコモは「ahamo」について、ファミリー割引のカウント対象にする。

カウント対象なので夫婦と子供の3人家族の場合、全員「ギガホ」に入っていたのを子供が「ahamo」に移行しても3回線のままでカウントされ割引が受けられる。

ただし通話は両親の「ギガホ」から子供の「ahamo」へかけた場合は家族内通話として無料になるが逆の場合は5分のかけ放題以降は通話料金が発生します。

家族での通話なので子供からかける場合「お父さんかけなおして」と伝えれば済むので嬉しいニュースですね。

また割引も「ahamo」は受けられません。

ドコモは「ahamo」でiPhoneに対応する。

iPhoneは日本でのシェア率が高く、若い年代には更にシェア率が高くなるのでiPhoneで安心して「ahamo」へ移行出来そうです。

 

povoとRakuten UN-LIMIT Vの比較は下記を参照して下さい。

UQモバイルの「くりこしプラン」も比較しています。筆者はpovoよりもUQモバイルの「くりこしプラン」の方が驚きが大きかったです。

執筆時点ではほとんどの格安SIMとワイモバイルが終了なプランです。 (ワイモバイルは更なる改正をしてくるでしょう)

関連記事

2021年1月13日にKDDIから発表された新プラン「povo(ポヴォ)」は2,480円と先行していたドコモ、ソフトバンクよりも500円安い価格設定で無駄をギリギリまで抑えたプランになっています。また同時に発表されたUQモバイルの新[…]

povo-UQmobileプランを比較する

 

感想まとめ

楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT Vプランは2,980円の課金があってもデータ通信無制限(10GB/日制限はあり)や通話やSMSも無料(LINKアプリ使用時)など他社には出来ない強みがありますが、問題は生活圏を楽天エリアがカバーしているかで大きく異なります。

300万人まで1年間無料キャンペーン中で事務手数料も0円な事から加入するなら今でしょうね。

200万を2020年12月に超えて加速しているので2021年3月ぐらいには300万まで行きそうです。

大きな問題は2020年4月にサービスを開始したので2021年3月は多くの人が加入した1年間無料が終わる最後の月になります。

2021年3月は各社の20GBプランのサービス開始です、無料期間の延長でもしない限り流出は防げないでしょう。

楽天モバイルRakuten UN-LIMIT Vはこちら

最後に出して来たauのpovoプランは電話をあまり使わないけどデータ通信が多い人には一番良いプランと言えます。 通話オプションを付けると他社と価格は変わりません。

povoプランはトッピングにより基本データ量20GBと別に24時間無制限が200円は安すぎでしょう。

今までだと「データMAX」などの大容量プランでしか実現できなかった部分まで補えます。

使い方は様々ですが週末に200円の追加で海外ドラマを一気に観たり、パソコンのテザリング(スマホをWi-Fiルーターにする機能)に利用したりと柔軟に必要な時だけ無制限が使えます。

トッピングを増やしていくことにより更に使いやすくなる可能性があります。

ソフトバンクは多くの人が使っているLINEアプリでサポートも対応するなど加入のしやすさはありますが特徴が薄くahamoに対抗しただけのプランに思えます。

ドコモのahamoプランはインパクトが強かったので予約申し込みが2020年12月で30万あるそうです。

通話をあまりしないならpovoプランになりそうですが同じ通信事業者での加入に留まると考えてます。

3月まで執筆時点で1か月半となりましたがライトなプランや無制限プランからのプラン変更になるのがほとんどでしょう。

また3月までにドコモとソフトバンクが5分かけ放題をオプションにし、povoプランに追従してくる可能性も大いにあります。

個人的な意見ですが5分かけ放題はメリットとして考えていません。

10分かけ放題なら使い勝手も上がりますが5分で済むような通話は少ないと感じています。(または60分/月かけ放題)

かけ放題をオプションにして10分かけ放題を700円で追加して来たら大きく話は変わります。