楽天モバイルRakuten UN-LIMITの問題 まとめ9/20更新

楽天モバイルRakuten UN-LIMITは色々問題を抱えています。

そんな問題をまとめてみようと思います。

2020年7月16日追記 7月15日からのキャンペーンで22,000ポイント還元から20,000ポイントに変更。

2020年7月17日追記 突然7月17日に大規模メンテナンスを行うとの案内があったが誤記載だったと謝罪。

 

楽天モバイルの問題点

 

Rakuten Mini問題

「1円」スマホとして突然ブレイクしてランキングで1位になった事もあるRakuten Mini。

突然の「1円」スマホによりそれ以前にRakuten Miniを購入した方達からしてみればそりゃ怒るでしょう、、、

しかし問題はユーザーの不満だけでは済みませんでした。

そう「Rakuten Miniバンド問題」です。

Rakuten Miniにはロットが3種類ありそれぞれ製造時期によって対応周波数が違うのです。

この問題はユーザーが気づいて明らかになって点も重要です。

楽天モバイルは事前の告知なしに対応周波数を変更していたのです。

6月10日楽天側は「海外で使いやすいように国際ローミングへの対応のために行った」と説明していますが、現行ロットはLTE(4G)バンド1が削除されていたのが問題です。

日本でもっとも使われるであろうLTEバンド1を削除したのは他社で使わせないためじゃないかと邪推してしまいます。

そして次の日の6月11日に3Gのバンド1も削除していたのが明るみに出ます。 なぜ6月10日に一緒に言わなかったのか疑問ですよね。

推測になりますが楽天モバイル側も把握していないと考えられます。

Rakuten Miniバンド問題についてはこちらで追っています。 追加が多すぎて少々見づらいかもしれません。

関連記事

楽天モバイルがRakuten Miniで対応周波数がロットにより違う事を明らかにしたそうです。製造時期によって対応周波数が減るのは聞いたことが無いですね。周波数を変更しつつも、楽天モバイルではWebサイトの追記をしていなかっ[…]

 

楽天モバイルの問題

4月8日のサービス前にキーパーソンの幹部が2人退職しています。

これも推測になりますが、スタート前に意見が合わなかったのか、揉めたのか真相はわかりませんがスタート前から失敗している。

iPhoneの取り込みが出来なかったのも大きいでしょう。

※7月8日Rakuten LinkアプリがiPhoneに対応しました。

スタート時に新型コロナウィルスで店舗での対応や電話サポートの人数の削減も大きいでしょう。

 

電話サポートは2時間待ちなんて普通な状態です。

上層部の指示がサポートに反映されてないのも問題だと思います。

変更に次ぐ変更でサポートに繋がっても人によって対応が違うなど、サポートも混乱しています。

8月現在は混雑も解消されている模様。

 

Rakuten Linkアプリはコミュニケーションツールなので電話番号を適当に入れると相手の名前がわかる。 これは4月ごろに騒がれてましたが今はどうかわかりません。

自分で試したくないのでやりたくないですね。 デフォルトだとRakuten Linkアプリのユーザー名が本名になっているので悪意のある人が適当に070から始まる電話番号を入力してRakuten Linkアプリを使っている人がいればその人の名前が出てくるわけです。

すると電話番号と名前が知る事が出来るわけです。 これちょっと怖いですよね、ユーザー名はRakuten Linkアプリの「設定」→「アカウント」→「Rakuten Linkネーム」で変更できます。 ネームを変更しても自分の顔写真などを設定しない事をオススメします。

 

サイレント変更も多いのが問題です。

例に出すと「事務手数料3300円がポイント還元」は「オンライン契約で3000ポイント」のように期限が決められてなく終了日未定になっていましたが6月23日に変更されて現在では終了しています。

ご家族・ご友人に紹介で3,000ポイント紹介された人も2,000ポイントも元も紹介側は5回線まで、被紹介者は契約時の1回限りとなっていましたがそれについて質問したところ「6回線目以降のご紹介は、ご紹介者様、被紹介者様共にポイント付与対象外となります」との回答がありましたがページには記載がありませんでしたが数日後に「6回線目以降のご紹介は、ご紹介者様、被紹介者様共にポイント付与対象外となります」と記載がされました。

楽天モバイルの特典ルールの「注意事項」を見ると次の記載があります。本特典は予告なく内容の変更もしくは中止させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

記載があるから仕方が無いと言えばそれまでですが、、、ちょっと不誠実な気がします。

※2020年7月11日追記 いつの間にか次の記載があり。 サイレント変更はもうやめて頂きたい、、、

「事務手数料3300円がポイント還元」は「オンライン契約で3000ポイント」の特典対象に次のような記載に変更。

「「Rakuten UN-LIMIT」お申し込み月の3カ月後末日までに、「Rakuten UN-LIMIT」をお申し込みした回線で、「Rakuten Link」を用いた発信で10秒以上の通話、メッセージ送信をそれぞれ1回以上利用」

 

Rakuten Miniバンド問題で信用も失ってないか心配です。

Rakuten Miniバンド問題についてはこちらに書いてます。

関連記事

楽天モバイルがRakuten Miniで対応周波数がロットにより違う事を明らかにしたそうです。製造時期によって対応周波数が減るのは聞いたことが無いですね。周波数を変更しつつも、楽天モバイルではWebサイトの追記をしていなかっ[…]

あとiPhoneを取り込まないとこの先200万人の契約は難しいのではないでしょうか。

※7月8日Rakuten LinkアプリがiPhoneに対応しました。

 

03などの市外局番を入れずに電話をかけると国外通話になり高額請求。

これはユーザーの不手際とも言えますがRakuten Linkアプリに設定などが欲しい所です。 ほとんどの人は国外通話などしませんから。

 

通話していないのに通話の請求あり。

YouTubeで頑張っておられる方がいますが、毎月の請求内容はチェックした方が良いです。 そのままだと返金してもらえません。

 

ポイントが還元されない。

なぜかポイントが還元されない事例が多発しています。 これも自分からサポートに電話をしないとそのままもらえない可能性が大です。

2020年7月17日に4月加入組の方へのポイント還元が行われました。

システムの不具合らしいですがとりあえずポイント還元が行われたのは良いのですが5月加入組は今月の7月末の予定です。

また問題が起こらない事を願います。

 

※2020年7月16日追記 7月15日からのキャンペーンで22,000ポイント還元から20,000ポイントに変更。

総務省のガイドラインに合わせての変更。

ただしAQUOS sense3 liteとOPPO A5 2020の値下げを行い値下げ額も税込み価格で2,000円なのでユーザー側の負担は変わらない。

ポイントよりも値下げの方がうれしいため結果的には良いかも。

22,000ポイント還元は2万円のガイドラインに合わないのは分かってたはずなのに、、、

 

※2020年7月17日追記 突然7月17日に大規模メンテナンスを行うとの案内があったが誤記載だったと謝罪。

日中に大規模メンテナンスを行うとの事でユーザーからは突然のメンテナンスで1日データ通信、電話、SMSが使えない事から混乱しましたが、それが誤記載だったと、、、

キャリアとしてはありえない誤記載であり、しかも東京都心を中心に大規模だったためユーザーの混乱を招いたわけで短い文章の謝罪で終わりとは呆れます。

https://network.mobile.rakuten.co.jp/maintenance/245/

 

2020年8月6日追記 楽天モバイルにてメンテナンスのよる不具合が一部で発生している模様。

電話がかかって来ても繋がらず「おかけになった番号は現在使われていません」になる不具合。

 

2020年8月8日追記 8月6日以降からの通話が「Rakuten Link」アプリ使用でも「課金されている」不具合が一部で発生している模様。いつまでなのかは不明。

「my楽天モバイル」アプリで料金を調べた方が良いかと思われます。 ただし課金が発生していても証拠がわからないため電話での問い合わせして問い合わせ内容を「履歴」に残してもらう事。

問い合わせ先 楽天モバイルコミュニケーションセンター 050-5434-4653

支払いは確定ですがポイントで還元されるかも知れない。 問い合わせ無しだとそのまま課金。iPhoneは「my楽天モバイル」アプリが存在しないため確認はブラウザからになります。

楽天モバイル側からはこの不具合の告知無し。 8月6日のメンテナンスの不具合だと思われるが認めてはいない。

 

2020年8月19日追記 「Rakuten Link」アプリ使用でも「課金されている」不具合について裁判を起こした方の裁判での報告。

「Rakuten Link」アプリで有料電話では無く友人の固定電話や携帯電話などへ通話を行ったときに稀に「有料課金」される問題について。

楽天モバイル側は裁判で「機械的に通話履歴があり人為的に操作したものでは無いためお客様には支払いの義務がある」「不具合での返金には一切認めないと文章にして返答」

よって返金などには一切行わないと述べています。

裁判を起こした方も和解には応じず、取り下げもしない模様。

裁判を起こした方は次のように述べています「残念ながらRakuten Linkアプリ使用でも課金された場合、楽天モバイル側は返金の意思は無いため自己責任で楽天モバイルを使うしかありません」 また固定電話へ通話を行うのは課金される率が高い事も述べています。

筆者の感想 残念ですね、キャリアとは思えない対応とRakuten Linkアプリ使用でも課金される問題は明らかに楽天モバイル側に「不具合」があるのは明白なのにアプリの不具合なのかシステムの不具合なのかもわからずに「無料」だと思って通話をすると「課金」されるリスクがあるキャリアとはいったい何なのでしょうか。

今後楽天モバイルは不具合をサラっとサイレントに修正するでしょうが、現時点では「通話料金が課金」されると思って通話を行う必要があります。

 

2020年9月6日追記 AQUOS sense3 liteで「Rakuten Link」アプリ使用でも「課金されている」不具合。

AQUOS sense3 lite購入者に不具合に対する対処をメールにて送信。

AQUOS sense3 lite購入者に対しては通話料金の返金に応じるみたいです。

また9/1~10/31までは「Rakuten Link」アプリ、標準アプリ問わずに通話料金を無料にする。

このような不具合に対してなぜ、WEB上で公開しないのか疑問です。 広く知られたくなくメールの対応にしたのでしょうか?

AQUOS sense3シリーズ全般に言える問題なのですが、現在の対応はAQUOS sense3 liteのみです。

ちなみに筆者はReno Aですが端末ポイントが未付与でした。

2020年9月20日追記 メールもらった本人以外は上記の対象にならないと報告あり

課金の不具合がある方で楽天モバイルよりメールの無い方はサポートに電話の必要があります。

 

2020年9月11日追記 総務省は9月11日楽天モバイルが携帯端末の不適切な値引きを行ったとして、行政指導を行ったと発表した。

最大で26,300円相当のポイントを還元を行った「夏のスマホ大特価キャンペーン」が引っ掛かったようです。

いったい何回目の行政指導なんでしょうか、、、6回目ですかね?

 

感想

ここまで書いてきて何ですけど私個人は良いプランだと思いますし、3大キャリアに負けずに頑張って欲しいと思ってます。

2020年7月17日追記 応援はしてますが総務省から5回も行政指導を受けており、これほどの問題も抱えていて、その対応もお粗末な事が多いです。

Rakuten Miniバンド問題やポイントが還元されない問題もユーザー側からの指摘で対応した節があります。

ユーザー側から指摘がなければRakuten Miniバンド問題やポイントが還元されない問題はそのままだったと考えられます。

ポイントが還元されない問題は対応まで17日かかってます。

楽天モバイルのサポートに何度も時間を取り電話をしてやっと認められた問題なのです。

電話をするのは繋がりにくい事もありチャッでトサポートに連絡する手段もありますが返信が遅く、勝手に「解決済み」にされてしまう問題も多いです。

筆者個人としては応援はしますが、メイン回線としてはオススメ出来ません