AQUOS sense3 liteが相変わらず強い1位 今売れてるSIMフリースマホTOP10

前回に続いてAQUOS sense3 liteが1位をキープしました。

楽天モバイルの「実質0円以下」スマホは健在のように見えます。

今回のランキングはダブルランクイン機種が多い結果になっています。

先週と違うのは1機種圏外へ行った機種があります。

その辺りも考えて行こうと思います。

 

今売れてるSIMフリースマホTOP10

「BCNランキング」2020年8月10日から16日の日次集計データによると、SIMフリースマートフォンの実売台数ランキングは以下の通りとなった。

1位 AQUOS sense3 lite SH-RM12(シャープ)
2位 P30 lite(Y!mobile)(Huawei Technologies)
3位 A5 2020(OPPO)
4位 Reno3 A(OPPO)
5位 BASIO4(UQ mobile)(京セラ)
6位 A5 2020(UQ mobile)(OPPO)
7位 Galaxy A20(UQ mobile)(SAMSUNG)
8位 Reno3 A(UQ mobile)(OPPO)
9位 AQUOS sense3 SH-M12(シャープ)
10位 P30 lite MAR-LX2J(Huawei Technologies)

参照:https://www.bcnretail.com/research/detail/20200822_187555.html 様

 

1位は前回に続いてAQUOS sense3 lite。

「実質0円以下」スマホです。

またAQUOS sense3とカメラが1眼に変更された以外は中身は同じの楽天モバイル専売機種です。

2020年の上半期のSIMフリースマートフォンで2位になったAQUOS sense3と同等ならば売れますよね。

2位はP30 lite(Y!mobile)。

先週の3位からランクアップになります。

2020年の上半期のSIMフリースマートフォンで1位になったスマートフォンです。

Y!mobileの集計ですがコスパが良いので売れています。

ただ心配のはHuawei製スマートフォンな所ですね。

つい最近に「制裁前の機種でもアップデートされない」と言われ、その後Huaweiが「アップデートは続ける」と声明を出しました。

Androidの声明

「私たちが米国政府の要件に準拠している間は、Google PlayやGoogle Play Protectといったセキュリティーサービスが既存のファーウェイ端末で機能し続けることを保証する」

微妙な言い回しですね。

言い方を変えると米国政府の要件を満たさない場合はいつでも「切る」とも言えます。

3位はA5 2020。

これも「実質0円以下」スマホです。

前回の2位からランクダウン。

おサイフケータイと防水が気にならなければオススメの1台でもあります。

売れに売れているReno3 Aと同じCPUのSnapdragon 665を搭載しています。

4位はReno3 A。

前回の6位からランクアップしました。

売れてますねー、日本ではおサイフケータイと防水に対応が好まれます。

5位はBASIO4。

前回の8位からのランクアップになります。

結構驚きました!

個人的にいつも圏外か10位ぐらいをうろついていてハラハラさせる、唯一の日本企業の京セラ製スマートフォンです。

シャープは残念ながら台湾のフォックスコングループですからね。

6位はA5 2020(UQ mobile)。

前回10位から大きくランクうアップ。

定価を下げた影響でしょうか、BASIO4と同じ価格ですよね。

7位はGalaxy A20。

前回の5位からランクダウン。

安定のGalaxy A20(UQ mobile)ですが徐々にランクを落としている傾向があります。

8位はReno3 A(UQ mobile)。

前回の9位から1つランクアップ。

9位はAQUOS sense3。

前回の7位から9位までランクダウン。

「優等生スマホ」のAQUOS sense3はシリーズ別では上位にランクインしていますがSIMフリーだと徐々にランクダウンしています。

10位はP30 lite。

突如、無印のP30 liteがランクイン。

安売りの結果でしょうか。

 

圏外へ行った機種は?

圏外へ行ったのは前回の4位だったGalaxy A7。

人気のブルーが在庫切れになりAQUOS sense3 lite、A5 2020と比べると楽天モバイルの「実質0円以下」スマホの中ではお得感が少なかったですしね。

 

今週はダブルランクインが多い

今回のSIMフリーランキングではダブルランクインが多いです。

P30 liteが2位と10位。

A5 2020が3位と6位。

Reno3 Aが4位と8位。

AQUOS sense3 liteはカメラ違いもあり厳密にはAQUOS sense3とは違うのですが前者が1位後者が9位。

 

今週のランキングの傾向

またランキングTOP10の内OPPOが2機種4つのランクインでOPPOの強さも出ています。

販売元で言えばUQ mobileが本気を出してきたので人気スマートフォンも多く、安いとなると理解できます。

4機種もランクインさせてます。

人気機種が多く価格も安いのが多いです。

数か月前までは人気機種も少なく微妙なラインナップで値段も高かったですがOCNモバイルONE並みに安くなっています。

8月27日からはスマートフォンの大本命とも言えるiPhone SE(第二世代)を売りに出します。

同日にY!mobileも販売しますが、定価が全く違います。

詳しくはこちらを

関連記事

大人気のiPhone SE(第二世代)ですが8月19日からgoo Simseller(OCNモバイルONE)で発売されました。ソフトバンクのサブブランドであるY!mobileが8月27日から発売開始のニュースが来ました。ここ[…]

 

今週のピックアップ

文章が長くなったのでスペックは無しで。

ダブルランクイン3機種を選んでみました。

 

2位、10位 P30 lite

コスパが良いと言われるP30 lite。

と言うかワイモバイルは端末にやる気があるのか疑問です。

魅力的な機種がiPhone 7、OPPO Reno3 A、P30 lite、Xperia 10 IIぐらいしかありません。

8月27日にiPhone(第二世代)を売りに出しますが64GBモデルしか無く定価も高い57,600円(税込)です。

対するUQ mobileは64GBモデルで35,640円(税込)、128GBモデルで47,520円(税込)です。

とにかく高い、、、

ワイモバイルで契約したいけど安い機種でそれなりって選ぶとiPhone 7、P30 liteの2択になります。

iPhone 7も古いのに32GBで39,600円と強気です。

そうなると22,968円のP30 liteになります。

これがSIMフリーランキングで上位を取る2位 P30 lite(Y!mobile)のカラクリです。

正直に言いますがワイモバイル自体はサブブランドなので安心感もありキャリアより安く格安SIMより通信状態も良くオススメ出来る通信業者ですが販売している端末は高いので別で調達してSIMだけ契約した方が良いです。

ここを読んでくださる方は自分で全部出来ちゃう人が多いと思うので心配は無いかと思いますが、キャリア任せの方が安く済ませたいと思ってワイモバイルを勧められて購入に至っているのかと考えます。

またワイモバイルで購入するとSIMフリーでは無いものもあるので注意です。

安いのが渦中のファーウェイ製なのも心配ですね。

もしワイモバイルで契約はしたいけど端末が欲しい方はAQUOS sense3のSIMフリーをオススメします。

P30 liteよりも安く性能も良く安心して使えるスマートフォンです。 また初心者でも優しいモードも搭載なので操作で困ることも無いと思います。

国内版SIMフリー SHARP AQUOS sense3 lite SH-RM12 シルバーホワイト国内版SIMフリー SHARP AQUOS sense3 lite SH-RM12 シルバーホワイト

22,000円(税込)

国内版SIMフリー SHARP AQUOS sense3 lite SH-RM12 シルバーホワイト

3位、6位 A5 2020

Reno3 Aと同じCPUのSnapdragon 665を搭載していて安い!

違いは多いですが基本性能はおサイフケータイと防水非対応だと思って頂ければ良いかと。

また大きな利点が一つあります。

Reno3 Aの前機種のReno Aは大ヒットしましたが、公式に「メジャーアップデートはしない」と公言しています。

おサイフケータイ搭載なのでグローバル機では無く日本独自仕様なのですよね。

これはReno3 Aも同じことが言えます。

しかしA5 2020にはおサイフケータイが無いので事実8月にメジャーアップデートしました。

このためA5 2020は現在Android 10が配信されています。

この先Android 11も期待が出来ます。

OPPO A5 2020 グリーン 【日本正規代理店品】 CPH1943 GNOPPO A5 2020 グリーン 【日本正規代理店品】 CPH1943 GN

18,600円(税込)

OPPO A5 2020 グリーン 【日本正規代理店品】

4位、8位 Reno3 A

筆者個人はReno3 Aはオススメしてきませんでしたが、ここまで売れると世間的には「もっさり」していても最新機種が良いのですかね。

安くなったReno Aの方がサクサクで安くなった今こそ買い時だと思うのですが、、、

まぁメインカメラの強化と急速充電は良い強化だと思いますので普通に使われるのであれば困らないでしょう。

Reno3 AはOCNモバイルONEとUQ mobileぐらいしか安売りしてないですね。

しかし音声SIMとセットなので結局安くはならないのが現状です。

丁度MNPなどで転入出来るのであればオススメですが、そう上手く行かないですよね。


OPPO Reno3 A ブラック【日本正規代理店品】

36,500円(税込)

OPPO Reno3 A ブラック【日本正規代理店品】

感想

AQUOS sense3 lite強いですね。

カメラ以外は一緒なので「実質0円以下」スマホは健在ですね。

今回はダブルランクインが多かったですね

それだけ人気がある証拠だと思うのですが、安売り機種が目立ちますね。

Reno3 Aの安売りは一部なのでやっぱり人気があるのかなぁ。

後気になったのはやはりファーウェイですね。

P30 liteはダブルランクインしているほど人気ですが、避けた方が良いとは思うんですよね。

リスクをわかっていて買うようなITリテラシーに強い人なら良いのですが、ワイモバイルで買っている事からもキャリアで勧められて買っている気がします。

今後、どうなるか不透明な状態で購入は安くてもリスクが高いと思うのですよ。

どうも在庫処分的な意味で安く売りさばいている気がしてならないです。