7/30更新 在庫状況 楽天モバイル 在庫切れ多数 3か月無料 どうすれば良いのか?

楽天モバイルRakuten UN-LIMITプランは2021年4月1日から提供される「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」は1GBまでなら0円と驚きのプランとなっており、元々始めたプランの無制限でも2,980円と安くCMで米倉涼子さんの「日本のスマホ代は高すぎる!」は見た方も多いでしょう。
凄いのは1GBまでなら0円で済ませられるところです。
この1GBまでなら0円に注目する所は「Rakuten Link」アプリで通話が無料な所です。
0円、980円、1,980円、2980円と料金が変化しても共通して「Rakuten Link」アプリで通話とSMSが無料なのは驚きでしょう。
今まで楽天モバイルについて良い事、悪い事も含めて色々書いてきましたがこれだけの「在庫切れ」を見るのは初めてです。
スマートフォンが実質無料とかに目が行きがちですが「3か月間無料キャンペーン」とプラン自体がお得です。

Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」プランは0円維持が出来るので損は無いです。

楽天モバイル 在庫切れ多数

タイトル日に在庫状況をチェックしています。(1日に4回ほどチェックしています)
機種名下にSIM対応が記述してあるので参考にして下さい。(nanoSIM x 2、eSIM+nanoSIMのDSDV対応スマホが良いと思います)

楽天モバイル スマートフォン 在庫状況

在庫が良くあるものだけ表にしました(最近動きの無い機種は削除しました2021年6月10日)。詳しい仕様などはもう1つ下の表になります。
2021年7月30日15:19更新 Phone 12パープル64GB在庫あり。すぐ売り切れると思います。売り切れました
Rakuten WiFi Pocket 2Bが新商品として発売。実質-4,999円
△OPPO A5 2020ブルー、グリーン全色在庫あり。
△Galaxy A7ブルー、ブラック、ゴールド全色在庫あり。
OPPO A73、AQUOS sense4 liteが実質1円機種。AQUOS sense4 liteが一番売れています。実質1円で在庫がある内にiPhone以外で悩んでいるなら一押しです。
△はこちらのリンク楽天モバイル「申し込み」「製品一覧」からでないと確認が出来ません。
iPhoneも20,000ポイント還元があるので一考の価値はあると思います。
iPhone 12パープル64GB128GB256GB在庫あり。売り切れました
iPhone 12 miniパープル64GB在庫あり。売り切れました
iPhone一覧はこちら

機種名在庫あり
△iPhone 12パープルのみチェック64GB128GB256GB
△iPhone 12 miniパープルのみチェック64GB128GB256GB
Rakuten BIG s 4/21発売ホワイト、クリムゾンレッド、ブラック全色
Rakuten BIGブラック、ホワイト、クリムゾンレッド全色
OPPO Reno5 A 4/18発売アイスブルー、シルバーブラック全色
OPPO A73ネービーブルー、ダイナミックオレンジ全色
OPPO Reno3 Aホワイト、ブラック全色
△Rakuten Miniクリムゾンレッド
△AQUOS sense3 liteライトカッパー、ブラック、シルバーホワイト全色
△AQUOS sense3 plusムーンブルー、ホワイト、ブラック全色
△OPPO A5 2020ブルー、グリーン全色
AQUOS R5Gアースブルー、ブラックレイ全色
AQUOS sense4 liteブラック、ライトカッパー、シルバー全色
AQUOS sense4 plusブラック、パープル、ホワイト全色
△Galaxy Note10+オーラグローオーラブラック
△Xperia Aceパープルブラックホワイト
△OPPO Reno A 128GBブルー、ブラック全色
△arrows RXゴールドホワイトブラック
△Galaxy A7ブルー、ブラック、ゴールド全色
△HUAWEI nova 5Tミッドサマーパープル
△Rakuten WiFi Pocket商品自体削除7/20ブラックホワイト
Rakuten WiFi Pocket 2B 7/29新商品ホワイト、ブラック全色

小ネタとして書いておきます。Rakuten Miniが3月16日12:30~13:30頃まで購入出来るのを確認しました。1時間で売り切れも確認。
争奪戦になっているようでサイトが重いですがサイトトップページの「お申込み」から「製品一覧」へ行き「先に製品を選ぶ」から購入手続きをすると在庫がある時があります。
毎日あるとは限りませんが「火曜日12:30」頃からが狙い目な気がします。
Rakuten Handが早朝に在庫を確認。05:30頃確認。これも下記リンクからでないと確認が出来ません。

以下のリンクから製品ページに一気に行けます。
楽天モバイル「申し込み」「製品一覧」

△は申し込みから行くと在庫が確認出来る機種です。
※横にスクロール出来ます。

端末名価格(税込)実質価格(税込)在庫状況
Rakuten BIG s 4/21発売
eSIMx1
50,980円30,980円※MNP限定
ホワイト、クリムゾンレッド、ブラック全色在庫あり
Rakuten BIG
eSIMx1
49,800円24,800円
ブラック、ホワイト、クリムゾンレッド全色在庫あり
OPPO Reno5 A 4/18発売
nanoSIM x 2+eSIM
nanoSIM2はeSIMと排他利用
42,98022,980円※MNP限定
アイスブルー、シルバーブラック全色在庫あり
OPPO A73
eSIM+nanoSIM
25,0011円
ネービーブルー、ダイナミックオレンジ全色在庫あり
OPPO Reno3 A
nanoSIM x 2
39,800円→26,980円
7/8値下げ
1,980円
ホワイト、ブラック全色在庫あり
HUAWEI nova 5T
nanoSIM x 2
59,800円39,800円※MNP限定在庫切れ(入荷予定なし)
Rakuten Hand
eSIMx1
20,000円-4,999円現在入荷待ち
Rakuten Mini
eSIMx1
1円-4,999円在庫切れ(入荷予定なし)
OPPO A5 2020
nanoSIM x 2
22,020円12,020円
ブルー、グリーン全色在庫あり
OPPO Reno A 128GB
nanoSIM x 2
38,800円28,800円
ブルー、ブラック全色在庫あり
AQUOS sense3 lite
nanoSIMx1
25,980円15,980円
ライトカッパー、ブラック、シルバーホワイト全色在庫あり
AQUOS sense3 plus
nanoSIMx1
37,980円12,980円
ムーンブルー、ホワイト、ブラック全色在庫あり
AQUOS R5G
nanoSIMx1
128,800円108,800円
アースブルー、ブラックレイ全色在庫あり
arrows RX
nanoSIMx1
20,000円10,000円在庫切れ(入荷予定なし)
AQUOS sense4 lite
eSIM+nanoSIM
25,001円1
ブラック、ライトカッパー、シルバー全色在庫あり
AQUOS sense4 plus
nanoSIM x 2
43,800円23,800円※MNP限定
ブラック、パープル、ホワイト全色在庫あり
Galaxy Note10+
nanoSIMx1
76,980円56,980円在庫切れ(入荷予定なし)
Xperia Ace
nanoSIMx1
29,800円9,800円在庫切れ(入荷予定なし)
Galaxy A7
nanoSIMx1
18,700円8,700円
ブルー、ブラック、ゴールド全色在庫あり
Galaxy S10
nanoSIMx1
71,980円51,980円在庫切れ(入荷予定なし)
Rakuten WiFi Pocket
標準SIMx1
商品自体削除7/20
9,980円1円在庫切れ(入荷予定なし)
Rakuten WiFi Pocket 2B 7/29新商品7,980円-4,999円
ホワイト、ブラック全色在庫あり

※横にスクロール出来ます。

以下のリンクから製品ページに一気に行けます。
楽天モバイル「申し込み」「製品一覧」
一番お得だったRakuten Handは絶望的に売れている事が分かります。
価格が安い、お得感が強い機種が在庫切れになっているのが多いですね。
AQUOS sense4シリーズは最近出たばかりの機種で人気も高く、特にAQUOS sense4 liteは安く購入が出来るために一気に売れたことが分かります。
在庫がありお得感が高いのは「AQUOS sense4 lite」「OPPO A73」になりますね。1円ですし。
「OPPO A73」はおサイフケータイと防水には非対応ですが2020年11月20日に発売された機種でeSIM+物理SIMに対応した機種です。
現在、筆者が考える最良の機種だと「AQUOS sense4 lite」が良いと思います。
楽天モバイルで契約する時はeSIMで契約した方がベストです。
現在ドコモなどの回線を持っているのなら物理SIMのはずですので、空いているeSIMで契約してどちらの回線も使えるようにした方が楽天モバイルの弱点である「圏外」を回避出来ますし、「Rakuten Link」アプリで通話とSMSが無料に出来ます。
2つのSIMを使う事により安く済ませられる訳です。
楽天モバイルRakuten UN-LIMIT V公式はこちら

対応スマホがある場合

Rakuten UN-LIMITプラン対応のスマートフォンがある場合、無理にスマートフォンを同時購入しなくても5,000ポイント還元が受けられて、契約も出来ます。
初期費用もかからないために0円で済みます。
MNPなら+15,000ポイントで合わせて20,000ポイントです。
iPhoneならiPhone XS以降の機種なら契約出来ます。(※4月30日からiPhone 6s以降の機種に完全対応しました)
現在のキャリアなどの物理SIMを使いながらeSIMで契約する事により2回線を維持できます。(eSIM+物理SIMはiPhone XS以降)
もちろん「Rakuten Link」アプリで通話とSMSが無料です。
Android端末は数が多いために書けませんので「楽天モバイルで使えるか調べる」で調べてみて下さい。
2つのSIMが使えるDSDS対応(デュアルSIMデュアルスタンバイ)なら最強です。
iPhone XS以降の機種ならeSIM+物理SIMのDSDS対応です。
AndroidスマートフォンはSIMフリースマートフォンだとDSDSまたはDSDV対応スマートフォンが多いです。
これは重要です。

何か安く端末が欲しい場合

欲しいスマートフォンが在庫切れで在庫があるスマートフォンは欲しくない、またはお金を出したくない場合モバイルWi-Fiルーターという手もあります。
「Rakuten WiFi Pocket」は価格が「1円」でポイントが5,000もらえます。 ちなみにアンケートで1ポイントもらえますが1円なので気にする事は無いかと、、、
モバイルWi-Fiルーターならどんな場所でも使えるので持っていても損では無いです。
楽天モバイルでポイントをもらう場合、「Rakuten Link」を用いた発信で10秒以上の通話、「Rakuten Link」を用いたメッセージ送信の1回以上の利用が必要です。
しかしモバイルWi-Fiルーターの場合はこれが必要ありません。 というか無理ですからね、、、、
契約して、開通してモバイルWi-Fiルーターを使用すればポイント対象になります。
後で安く2枚の物理SIMが使えるスマートフォンを購入またはiPhone XS以降を購入して2回線を使う事も可能ですが、「必ずポイントをもらってから」乗り換えましょう。
ポイントをもらうまで3か月ほどかかるかもですが「もらえなくなる可能性」も無いとは言い切れないためにお気を付け下さい。
またiPhone XS以降の場合で2回線を使うには片方をeSIMにする必要がありますが、楽天モバイルではeSIMへの変更などの手数料は無料なので気楽に出来ます。
「Rakuten WiFi Pocket」も現在、在庫切れが多く不定期でブラックが補充される印象です。

対応スマホを安く購入したい

楽天モバイルに欲しいスマートフォンが無い、在庫が無いなどや別に回線が欲しいなどの場合別のセールで購入する事も考えられます。
OPPO A5 2020やXiaomi Redmi 9Tは安く購入出来るためオススメです。
回線契約が2つになりますが、Rakuten UN-LIMITプラン自体、筆者は「サブ回線」を勧めているのでエリアの問題から別回線を使ったSIM2枚を使ったやり方を推奨しています。
この時に必要なのがDSDV対応スマートフォン(2枚のSIMが同時に使える)です
OPPO A5 2020、Xiaomi Redmi Note 10 Proは2枚の物理SIMによるDSDV対応スマートフォンです。
買うのならスペックの高いXiaomi Redmi Note 10 Proがオススメです。
※Xiaomi製スマートフォンはWi-Fi接続だと非通知になります。通話をする時にWi-Fi接続をオフにする必要があります。
またはある程度お金を支払って良いならiPhone SE(第2世代)もオススメです。
OCNモバイルONEではセールを頻繁にやっているのでオススメです。
1円のRedmi 9Tでも良いでしょう。

関連記事

OCNモバイルONEのキャンペーン、セール情報をまとめています。スマートフォンが安く購入出来るOCNモバイルONEは頻繁にセールを行っています。安くスマートフォンを購入して賢く運用しましょう。OCNモバイルONEセール、キャンペ[…]

OCNモバイルONE
BIGLOBEモバイルもキャンペーンが多くお得です。
関連記事

BIGLOBEモバイルのキャンペーン、セール情報をまとめています。スマートフォンを安く購入するのだとgoo Simseller(OCNモバイルONE)が有名でしょう。BIGLOBEモバイルもかなり安く購入出来てgoo Sim[…]

BIGLOBEモバイルのキャンペーン

感想まとめ

「3か月間無料キャンペーン」はかなりお得なキャンペーンで事務手数料も0円な為、SIMだけ契約でも0円で1年間、モバイル回線を持てる事が出来ます。
2021年夏には人口カバー率96%の予定ですので繋がりやすさは上がると思いますが、バンド3、一つしかない楽天モバイルは室内で繋がりにくい周波数帯なので2回線を使ったやり方で無料通話に着目した方が良いでしょう。
1年前だと楽天エリアが少なかったですが現在ではエリアは広いです。 パートナーエリアが終了した都心部のビルの奥だと圏外もありますが昔より繋がるようになってきました。
地方の筆者でも地下やビルの奥など以外で繋がらないという経験はありません。
自宅は100%繋がります。
3か月間無料が終わってから問題が無ければ本格的にMNPすれば良いだけの話しです。
要は「3か月間無料キャンペーン」中に契約をして3か月間楽しむ→3か月後問題が無ければ解約+新規MNPで契約な流れですね。
一人1回きりのキャンペーンなので3か月後に考えれば良いと思います。
もし3か月後も回線に不安がある場合、月のデータ通信を1GBまでに抑えて0円維持をしながら無料通話を使いまくる事で損はしません。
この事から2枚のSIMが使えるスマートフォンなら最強な訳です。
幸いにもRakuten UN-LIMITプランは日本で最初の音声eSIM対応プランです。(現在はLINMO、povoが対応)
「Rakuten Link」アプリで通話とSMSが無料なので回線は関係ありません。
Wi-Fi接続でも通話が可能です。
楽天モバイルには悪いですが0円で24時間かけ放題を使うというメリットは思った以上に大きいです。
楽天モバイルRakuten UN-LIMIT V公式はこちら