AQUOS sense4/4 plus/5G、AQUOS zero5G basicスペック 価格

5G対応のAQUOS zero5G basic、AQUOS sense5G

AQUOS sense3シリーズ後継のAQUOS sense4、AQUOS sense4 plusが9月11日に発表されました。

AQUOS sense4は正常に進化したモデルでSnapdragon 720G搭載で大幅にAQUOS sense3からスペックアップしています。

5G対応モデルも2機種発表され特にAQUOS sense5GはAQUOS sense4を5G対応にしたようなモデルとなり価格も控えめである事が期待できます。

思ったりもスペックが高いのが第一印象です。

発表された4機種のスペックをまとめました。

執筆時点で価格がわかるのはAQUOS zero5G basic(auでは8GB+128GBモデルのみAQUOS zero5G basic DX)のみ。

 

AQUOS zero5G basic、AQUOS sense5G

 

AQUOS zero5G basicスペック

※横にスクロール出来ます。

発売日(日本)2020年9月19日
CPUSnapdragon 765 5G
GPUAdreno 620
ディスプレイ6.4インチ有機EL 2,340×1,080解像度
OSAndroid 10
RAM6GB、8GB
ROM64GB、128GB
サイズ(高さ/幅/厚さ)161mm、75mm、9.0mm
重量182g
メインカメラ48M、13.1M超広角、8Mズーム 3眼
サブカメラ16.3M
充電とバッテリー 4,050mAh USB Type-C
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth5.1
おサイフ系NFC、FeliCa おサイフケータイ対応
ヘッドフォンジャック
生体認証指紋/顔
SIMnanoSIM
microSD最大
防水/防塵IPX5、IPX8/IP6X
価格6GB+64GB /8GB+128GBモデル 81,315円(税込)au

※横にスクロール出来ます。

AQUOS zeroシリーズだが「basic」の名が付くモデル。

Snapdragon 765 5G搭載。

6.4インチ有機ELディスプレイ 240Hzのリフレッシュレート

4機種の中では価格が一番高いモデルになりますがハイスペック仕様にあえてしてない所からスペックの割に安い5Gスマートフォンに仕上がってます。

恐らくですがAntutuスコアで30万ぐらいでしょう。

auからはAQUOS zero5G basic DXとして8GB/128GBモデルが2020年9月19日から発売される。

価格は 81,315円(税込)

一番高いと思われるAQUOS zero5G basicの上位モデルが税抜だと73,922円になるので下位モデルの6GB+64GBだと65,000円程でしょうか。

 

AQUOS sense5Gスペック

※横にスクロール出来ます。

発売日(日本)2020年冬以降
CPUSnapdragon 690 5G
GPUAdreno 619L
ディスプレイ5.8インチIGZO液晶ディスプレイ 2,280×1,080解像度
OSAndroid 11
RAM4GB
ROM64GB
サイズ(高さ/幅/厚さ)148mm、71mm、8.9mm
重量未定
メインカメラ12M、12M超広角、8Mズーム 3眼
サブカメラ8M
充電とバッテリー4,570mAh USB Type-C
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth5.1
おサイフ系NFC、FeliCa おサイフケータイ対応
ヘッドフォンジャック
生体認証指紋/顔
SIMnanoSIM
microSD最大
防水/防塵IPX5、IPX8/IP6X
価格

※横にスクロール出来ます。

AQUOS sense4をそのまま5G対応にしたようなモデルです。

Snapdragon 690 5G搭載。

唯一Android 11搭載で発売時期も他の3機種よりも遅く2020年冬以降となっています。

5G端末が一気に増えそうな価格になりそうです。 たぶん4万円台。45,000円前後だと思われます。

 

AQUOS sense4、AQUOS sense4 plus

 

AQUOS sense4スペック

※横にスクロール出来ます。

発売日(日本)2020年秋以降
CPUSnapdragon 720G
GPUAdreno618
ディスプレイ5.8インチIGZO液晶ディスプレイ 2,280×1,080解像度
OSAndroid 10
RAM4GB
ROM64GB
サイズ(高さ/幅/厚さ)148mm、71mm、8.9mm
重量176g
メインカメラ12M、12M超広角、8Mズーム 3眼
サブカメラ8M
充電とバッテリー4,570mAh USB Type-C
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth5.1
おサイフ系NFC、FeliCa おサイフケータイ対応
ヘッドフォンジャック
生体認証指紋/顔
SIMnanoSIM
microSD最大
防水/防塵IPX5、IPX8/IP6X
価格

※横にスクロール出来ます。

1週間の電池持ちを実現

Snapdragon 720G搭載

AQUOS sense3からの大幅スペックアップ

今回発表された4機種ではもちろん一番の売れ筋モデル。 たぶん39,800円前後でしょう。

 

AQUOS sense4 plusスペック

※横にスクロール出来ます。

発売日(日本)2020年秋以降
CPUSnapdragon 720G
GPUAdreno618
ディスプレイ6.7インチ 2,400×1,080解像度
OSAndroid 10
RAM8GB
ROM128GB
サイズ(高さ/幅/厚さ)166mm、78mm、8.8mm
重量198g
メインカメラ48M、5M広角、2Mマクロ、2M深度測定 4眼
サブカメラ8M、2M深度測定
充電とバッテリー4,120mAh USB Type-C
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth5.1
おサイフ系NFC、FeliCa おサイフケータイ対応
ヘッドフォンジャック
生体認証指紋/顔
SIMnanoSIM
microSD最大
防水/防塵IPX5、IPX8/IP6X
価格

※横にスクロール出来ます。

大画面ディスプレイ 90Hzのリフレッシュレート

RAM8GB、ROM128GB

標準カメラの画素数が48MPになり4眼構成

ステレオスピーカー搭載

価格が読みにくいですが55,000円前後では無いでしょうか?

 

最後に

AQUOS sense4は考えていたよりもスペックが高いですね。

Redmi Note 9Sと同じSnapdragon 720Gを搭載してくるとは思いませんでした。

5Gはまだまだ先だと思っていますが、AQUOS sense5Gが価格的に4万円台だと考えられるので販路も多いAQUOS senseシリーズは一気に5G端末が普及しそうです。

キャリアもAQUOS senseシリーズなら売りやすいでしょうね。

全体的にミドルハイなクラスになって登場しましたが、やはり売れ筋はAQUOS sense4でしょう。

次にAQUOS sense5Gだと考えられます。

AQUOS zero5G basicとAQUOS sense4 plusはゲームマシンとして売れそうです。

当然ですが4G機種はSIMフリーで売られるのも期待できます。

すべての機種がおサイフケータイと防水に対応していて日本では好まれる事と安心感のあるシャープ製なのでヒット間違いなしだと考えます。