Xiaomi 新5Gスマートフォンを43,800円で発売 発表は6/24 14時

Xiaomiは公式Twitterにて2021年6月9日に「明日朝十時、緊急発表があります!」と告知をした翌日6月10日に新5G対応スマートフォンを発表すると告知しました。
発表は6月24日14時で価格も税込43,800円となっています。
最近にRedmi Note 10Sが技適通過した事で盛り上がってきた所に更なる燃料投下で発表です。

Xiaomi 新5Gスマートフォンを43,800円で発売 発表は6/24 14時

Xiaomi Japan 公式Twitter

何が発表されるのか?

LINEMOの広告に出ちゃっていたようで「Mi 11 Lite 5G」が濃厚のようです。

Mi 11 Lite 5G

Snapdragon 780G搭載の5G対応スマートフォン。
AnTuTuベンチマークスコア(Ver9)は56万7千をマークします。
Xiaomiグローバル公式 Mi 11 Lite 5G URL

Mi 11 Lite 5G

スペックシートはグローバル版。

※横にスクロール出来ます。

発売日2021年5月
CPUSnapdragon 780G 5G
GPUAdreno 642
ディスプレイ6.55インチ有機ELディスプレイ
2,400x 1,080解像度
アスペクト比20:9
リフレッシュレート90Hz
タッチサンプリングレート240Hz
OSMIUI12(Android 11)
RAMLPDDR4X
6GB、8GB
ROMUFS2.2
128GB
サイズ(高さ/幅/厚さ)160.53mm、75.73mm、6.81mm
重量159g
メインカメラ64MP標準  F1.79
8MP超広角  F2.2、FOV119°
5MPテレマクロ F2.4 光学2倍
3眼構成
サブカメラ20MP F2.24
充電とバッテリー4,250mAh
USB Type-C
33W急速充電
バンド5G:n1/n3/n5/n7/n8/n20/n28/n38/n40/n41/n77/n78/n66
4G:B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B13/B17/B20/
B28/B32/B38/B40/B41/B66
3G:WCDMA:B1/B2/B4/B5/B8
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
Wi-Fi6対応
Bluetooth5.2
おサイフ系NFCのみ
ヘッドフォンジャック非対応
生体認証指紋/顔
SIMnanoSIMx2 DSDV対応
SIM2はmicroSDと排他利用
microSD容量不明
防水/防塵非対応
カラーバリエーショントリュフブラック
シトラスイエロー
ミントグリーン
その他デュアルスピーカー
IRブラスター(赤外線リモコン)
価格6GB+128GB:369ユーロ
約49,000円

※横にスクロール出来ます。

日本で発売されればバンドなどは変わるので参考程度に。

スペックはSnapdragon 780Gなので高いです。
カメラも無難な構成で標準、超広角、望遠、マクロとトレンドを押さえています。

感想まとめ

気になるのがソフトバンクのLINEMOで発売されるとなると独占販売なのか、SIMフリー版も同時に出るかですね。
Redmi Note 9T 5Gがソフトバンク独占販売だったので気になります。
2021年になって一気に日本でのスマートフォンを出して来るXiaomiは攻めてますね。
2021年に出た機種は以下になります。すべて価格は税込み。

  1. Redmi 9T
    2021年2月5日発売
    Snapdragon 662搭載
    17,490円
  2. Redmi Note 9T 5G
    Xiaomiスマートフォンとしては初のおサイフケータイに対応。(FeliCa搭載)
    5G対応スマートフォン
    2021年2月26日発売
    Dimensity 800U搭載
    21,600円
  3. Redmi Note 10 Pro
    2021年4月16日発売
    Snapdragon 732G搭載
    34,800円

ここにRedmi Note 10SとMi 11 Lite 5G(恐らく)が加わります。
Redmi Note 10Sの投入の意味が良く分からないのですがスペック的にRedmi Note 10 Proの廉価グレードになりますがカメラを除くとHelio G95搭載で良く似たベンチマークのSoCなんですよね。
Redmi Note 9Sの後継機にあたるので価格もRedmi Note 10 Proよりも1万円安い24,800円~ぐらいと考えられます。
ディスプレイサイズも違いますがおサイフケータイに対応で29,800円~ならかなり売れると思うんですよね。
OPPOがライバルになりますがOPPOはおサイフケータイと防水に対応な機種が多く、日本のトレンドに合わせています。
Redmi Note 9T 5Gで初めておサイフケータイに対応しましたがソフトバンク独占販売だったのでSIMフリーではまだ無い状態です。
Mi 11 Lite 5G(恐らく)だと価格的に難しいと思うのでRedmi Note 10Sに期待したいですね。
Mi 11 Lite 5G(恐らく)はスペックが高くハイエンドと言って良いぐらいですがミドルレンジが底上げされて来てミドルハイの基準になりそうなスペックです。
出るかどうかはわかりませんがガジェット系YouTuberの戸田覚さんが6/7にXiaomiから提供されてMi 11 Ultraをレビューしています。

Mi 11 Ultraは最上位ハイエンド機なのでこっちも気になります。
何も無しでMi 11 Ultraを提供しないと思うのですよね。
気になる事が多すぎですね。